島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

遂に登場!?岡田が岡田の紹介をしてみました

こんにちは!岡田です!!

先日ライブが終わり、石川県金沢の某所でごはんを食べいたところ
おにぎりピックの記事を島村楽器公式Twitterに載せてもらってすごい数のお気に入り登録だよ!
と萩原店長から連絡をいただきました
(いまだに返信してません、すみません・・・)

SNS中毒の岡田はすぐさま島村楽器公式Twitterをチェック!

f:id:shima_c_rinkuu:20170605113712p:plain

まさかの・・・

f:id:shima_c_rinkuu:20170605113731p:plain

186お気に入りありがとうございます(;_;)!!
(因みに萩原店長にもお気に入りしていただいたっぽいので2票は組織票ですが笑)

そしてなぜか

f:id:shima_c_rinkuu:20170605113854p:plain

引用RTでおかわり分にまでお気に入り、RTありがとうございます(;_;)!!



というわけで本日は

てか岡田って誰なん?他スタッフみたいに顔出ししてないけどまじでおる??
なんて皆様も少なからずいるのではなかろうか、と思い
岡田が岡田を少しだけ紹介しようかと思います
(きっとこれを見た他スタッフが自己紹介を始めてくれることでしょう・・・!)

ってか誰なん


いや、まあそうですよね。


f:id:shima_c_rinkuu:20170605133926p:plain

(画:岡田)
(店頭ではメガネをかけていますが普段は14.5㎜の黒コンを使用しています
14.8㎜を付けていた時のあだ名は青鬼でした。)


1994年8月に大阪府で生まれてからずっと大阪に住んでいます。

好きなものはピンク・いちご・ふわふわ、きらきらしたもの
リボン・レース・かわいいおんなのこ・ライブ・サ〇リオ・・・などなど。


音楽を始めたきっかけは?

2歳のとき、幼馴染のお母さんに「みやちゃんピアノやってみる?」と誘われたのがきっかけ(らしい)
で幼馴染のお母さんにピアノを習い始め音楽の道へ。
練習はめちゃめちゃ嫌いでしたが専門学校を卒業するまで続けていました。

中学では吹奏楽部に入部。
ホルンを3年間ゆる~~く吹いたり吹かなかったりしていました。

高校では吹奏楽部に入らず3年間遊び倒し、進路を決める際
音楽やめたくないな~。でも人違うことがしたいな~と管楽器の修理の専門学校に入学。


f:id:shima_c_rinkuu:20170605134559p:plain

(岡田が実習ちゃんとやってる!明日は雨が降るぞ!!
と学科のラインに貼られた写真です・・・
学校のパンフレットやバンドジャーナルに載っているので是非探してください笑)

専門学校でも2年間遊び倒しましたが
打楽器とオーボエファゴット等特殊楽器以外は一通り修理を学び
店頭での修理はできませんが見れば一応わかります。一応・・・

そして2014年12月島村楽器りんくうアウトレット店に拾っていただき
今に至ります。

島村楽器以外では?

他のスタッフのようにバンドを組んでお休みの日にライブに出たり
みんなでスタジオに入ったりはしていませんが
気付いたら地下アイドル(と呼ばれるもの)でした。
今も不定期に日本橋のライブハウスに居ます。


好きな音楽は?

度々出ているようにお化粧をしたお兄さんが好きです
可愛い女の子が好きでアイドル・アーバンギャルド・ミオヤマザキ
さめざめ・筋肉少女帯大森靖子神聖かまってちゃんなんかも聞きます。
(アイドルは地上から関西の地下まで網羅しているので
近くに語れる相手のいないみなさん!是非お話ししましょう!)


ジャンル問わずライブには月~10本。年間約~100本前後行きます
(3/2をお化粧したお兄さんたちが占めています・・・)

担当商品は?

ギターアクセサリー・・ピアノ回りの小物・チューナーメトロノーム・教育系小物など


そんな感じです。

なんでオニギリにこだわってるん?
とか
なんで姫カットなん?いつから姫カットなん?
とか
姫カットって自分で切ってるん?
とか姫カットについての質問をよくされますが
高校入学と同時に姫カットにしました。理由は追々。



これで岡田が実在する、とわかっていただけたかな。と思います笑
きっとこれを見た他スタッフも自己紹介をしてくれることでしょう
(2回目)

というか

ってかオニギリピックって何の話?
なんて方は下記リンクよりご覧ください♪


rinkuu.shimablo.com

rinkuu.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.