読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

キャノンボールのサックスを徹底解説!?第三弾♪

皆様こんにちわー!
管楽器担当の川原ですー!

今日はこの私がキャノンボールのサックス
(私の主観)で徹底解説いたしますー!
なぜ、今更こんなことをするかって?
それはりんくう店にキャノンボールのサックスが揃っていたので
そこにピックアップしてご紹介します!

そもそもキャノンボールのサックスってたくさん種類があって何が違うか見た目とかでは本当に分からないですよね!試奏をして初めて違いがわかります!
ただし、気をつけていただきたいのは…
ご自身が使用のマウスピースとリガチャーとリードでとても印象が変わります!

そこで私の主観ではありますが…詳しく違いを解説していきます!



まず、本日紹介するキャノンボール社の紹介をいたします!

Canonnball

1996年、デヴィス・ラウカット夫妻によってその歴史がはじまりました。
テヴィス社長はなんと元々プロのプレイヤーでした。本業はテナーサックスで、サックス全種だけでなくファゴットまでこなせる木管マルチプレイヤーとして活躍していました!

プレイヤーとして活躍する傍らでロサンゼルスにて著名なフルート技術者からリペア技術を習得し、自分が使っているマークVIを発展させたいとの理想のもと、同じくサックス奏者(クラシック)の奥さんと一緒に約20年前にキャノンボール社を設立しました!

よりビッグなサウンドを求めて自宅の地下室で“ビッグベル”
開発することからスタートしたそうです。

自分でこんなサックス作りたい!という純粋な想い、製造過程にもこだわり真鍮(ブラス)は日本から仕入れパットはイタリアのピゾーニ社の高級パットを使用しています。

キィやネックに付けられている石は準宝石(有名どころだとトルコ石)を取り付けており、アラバマ、アイダホ、ユタ、オレゴンなどアメリカ各州で採掘されたものを加工して取り付けています。
他のサックスメーカーにはないこだわりですよね?

キャノンボール社では管体内に流れる空気(奏者が吹き込んだ息)は管体内にぶつかってベルへと進んでいくと考えており、そのぶつかる部分を削ることによって吹奏感、音色を調整するとのこと!
アコースティックルームという防音室で選任の技術者が1本1本試奏しながら微調整。

音へこだわり、鳴らし易さにこだわり続けるサックスメーカです!

最初にご紹介のサックスは
こちらー!

AVR/E-L

f:id:shima_c_rinkuu:20161208163554j:plain


●管体/ベル/ベル内部/キイ/U字管:ダークアンバーラッカー
●HighF#キィ付き

コメント

1950〜60年代のジャズ黄金期のいろんな名器を参考にし、その中でも伝説のジャズ・ジャイアンツに愛されたサウンドも残しつつ、今のサックスの優れた操作性も合わせもつ復刻版サックスです!
開きが狭いコンパクトなデザインのキイ設計、やや小ぶりのベル、ボディの軽量化など オールドサックスを強く意識したであろう美しいフォルムが特徴です!

見た目は深みのある飴色のダークアンバーラッカーを使用し、開発に数ヶ月を要したといわれており、 外観だけでなく、ンテージ特有の密度の濃い響き、音の出方、枯れたサウンドが魅力なサックスです!

ジャズ黄金期のサウンドを奏でたい方にオススメのサックスです!

次にご紹介のサックスは
こちらー!

A5 BR

f:id:shima_c_rinkuu:20161208163551j:plain

●管体/ベル/ベル内部/キイ/U字管:ノーラッカー特殊加工
●High F#キイ付
●ネック2本付(スタンダードネック/ファットネック)

コメント

BRはキャノンボールを代表とするズ“ビックベルストーンシリーズ”です!
ビックベルストーンシリーズは名前の通りベルが一般的なサイズよりも大きく造られています!
ネックにもこだわりがあり…

左がファットネックで右がスタンダードネックです!!

f:id:shima_c_rinkuu:20161208163603j:plain

ファットネックとスタンダードネックの2本がついており、キャノンボールサックスの代名詞的のファットネックは音に太さと広がりを持たせることをコンセプトに開発されました。

普通のネックと2本付属させることによって、プレイヤーが好きな方を選べるというのがミソですね!

キャノンボールを使うアーティストの中でも使い方は様々なようで、オーケストラと共演したりと演奏ジャンルが幅広い方は両方、JAZZプレイヤーの方はファットネックオンリー
が多いみたいですよ!

また管体には約16か所に準宝石が付いていて、ボディは上から特殊加工をし、何年も使い込んだヴィンテージのような質感にこだわっています!渇いた抜けの良いパワフルなサウンドが特徴です!


次にご紹介のサックスは
こちらー!

SVR/L

f:id:shima_c_rinkuu:20161208163556j:plain

●管体/ベル内部/キイ:ダークアンバーラッカー
●HighF#キィ付きを

コメント

1950〜60年代のジャズ黄金期のいろんな名器を参考にし、その中でも伝説のジャズ・ジャイアンツに愛されたサウンドも残しつつ、今のサックスの優れた操作性も合わせもつ復刻版サックスです!

ネックには1950年代当時の主流であるワンピースネックを使用しているのでフラジオの際に音の繋がりもかなりスムーズです!メタルマウスピースを使用されるとさらにフラジオの音の繋がりは良くなると思います!

キィの大きさや角度や配置にもこだわりがあり、手の小さな方でも軽快なキィワークができます!!

見た目は深みのある飴色のダークアンバーラッカーを使用し、開発に数ヶ月を要したといわれており、 外観だけでなく、ビンテージ特有の密度の濃い響き、音の出方、枯れたサウンドが魅力なサックスです!

ジャズ黄金期のサウンドを奏でたい方にオススメのサックスです!


次にご紹介のサックスは
こちらー!

GS5-B

f:id:shima_c_rinkuu:20161208163558j:plain

●管体/ベル内部/キイ:ブラックニッケル
●High Gキイ付き
●ネック2本(ストレートネック/セミカーブドネック) 付属

コメント

スムース・ジャズやR&Bのシーンで活躍し、グラミー賞にもノミネートされるトッププレイヤー、ジェラルド・アルブライトのシグネイチャーシリーズです!

ビッグベルストーンシリーズをベースにしながら、音色、キイアクション、ピッチ感、スプリングの調整など、 ジェラルド監修の下に数々の試作を重ねて完成されたプロ仕様のモデルです!

管体にブラックニッケル、ネックにシルバーを使用することで柔らかさの中にも芯のある力強いサウンドを出すことができるので見た目以上にどんな音楽ジャンルでも使えちゃうソプラノサックスですよ!

2種類のネックはこちら!!

f:id:shima_c_rinkuu:20161208163601j:plain

左がセミカーブドネック、右がストレートネックです!!
ネックはブラックニッケルメッキではなく基本的に銀メッキなのはサウンドのブライトさを損なわないために敢えてそうしているとのことです!!



こんな感じで私の勝手に解説コーナーはお分かりいただけましたでしょうか?

これを見て詳しい詳細を知りたい方はこちらー!

www.shimamura.co.jp

管楽器関連の記事はこちら!!

クリスマスプレゼントにぴったり♪小さな管楽器をご紹介! りんくうプレミアム・アウトレット店 店舗情報-島村楽器



是非、お店に来店された際は

りんくう店唯一の管楽器アドバイザー
川原まで何でも聞いて下さいねー!

それでは!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.