島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

Gibson大量入荷!自分勝手にレビューしてみました!【Les Paul Custom編】

みなさんこんにちは!
ブログ更新率急上昇、不幸率も急上昇中の栗田です。

さてさて今回はりんくう店に『アイツら』がやってきたのでご紹介したいと思います~!

『アイツら』とはギタリストの皆さんおなじみの

f:id:shima_c_rinkuu:20161118182718j:plain

Gibson!!!!

そーです。Gibsonです。
みんな大好きGibson。何を隠そう栗田もGibsonレスポールを愛用している根っからのGibson信者。
そんな栗田がりんくう店に入荷したGibson達の中で気になるやつを偏見のみでレビューしていきたいと思います!!

早速いってみましょう!
一発目を飾るのは…

Gibson Les Paul Custom

f:id:shima_c_rinkuu:20161118182959j:plain

カスタムええな~欲しいな~(切実)
そーです。Gibsonプレイヤー達の憧れレスポールカスタム。
レスポール好きなら一度は手に入れたい一本。
りんくう店にカスタムが入ることが珍しく栗田もかなり興奮気味です。

見た目からじっくりねっとり見ていきましょう。

まずは栗田が持ってみました。f:id:shima_c_rinkuu:20161118184210j:plain
(変な持ち方してますがお気になさらず)
やっぱりカスタム重いっすね!
この重みこそレスポール!ですが他のレスポールと比べてもかなり重いです。なぜなのか…
スタンダードなどのボディにはチェンバード加工(ウエイトリリーフ)という加工が施されてるんです。チェンバード加工ってなにそれ?おいしいの?と聞いたことない方も多いと思いますのでザックリ説明しますと…

1、レスポールはメイプルトップにマホガニーバックの材構成。
2、木の性質上どうしても重くなってしまう。
3、「重いから弾きにくいわ」とギタリストからの声。
4、「ほな、軽くする為に作るときバック材をくりぬけばええんとちゃうか?」Gibsonの人。
5、材をくり抜く(ハチの巣やチーズの穴ぼこみたいな感じ)
6、「ほんまや!軽くなったで!」とギタリストたち。

こんな感じです。(どんな感じやねん)

f:id:shima_c_rinkuu:20161118195443j:plain

まぁ要するに重すぎるレスポールを軽くするための加工ですね。
で、この加工は現行ラインナップのレスポールはほぼ全て施されています。
なので厳密に言うならばソリッドボディではなくセミホロウボディってことですね。
この加工についてはGibsonファンの中でも
「音が重みが消えて軽くなった」
「音抜けがよくなった」
など賛否両論です。まぁ好みですね。(重要)

で、話がそれてしまったんですがカスタムなどの上位機種や昔ながらのレスポールを再現したトライデショナルなどはこのチェンバード加工は施されていません。(80年代以降のモデルに関しては諸説あり少しだけ加工されている説もありこのカスタムは3.8kgだったので少なからず加工はされていると思います)

カスタムは加工されていないものor加工されていても穴ぼこが少ないという事もありずっしりレスポールらしい重厚感のある重みがあるというわけです!!


で、続いてカスタムと言えばやっぱりこれ!

f:id:shima_c_rinkuu:20161118195958j:plain
f:id:shima_c_rinkuu:20161118200305j:plain

ダイヤモンドインレイゴールドパーツ

美しいぃ…
これですよね。多くのレスポールファンを虜にする輝き。カスタムの証。
特にダイヤモンドインレイ!美しすぎる!!

他にもよーく見てみるとカスタムの証があちらこちらに…

ロッドカバー↓
f:id:shima_c_rinkuu:20161119123150j:plain

トグルスイッチカバー↓
f:id:shima_c_rinkuu:20161119123430j:plain

ピックガードシール↓
f:id:shima_c_rinkuu:20161119123646j:plain

表裏にある7バインディング
f:id:shima_c_rinkuu:20161119123826j:plain

はぁぁぁぁかっこいいぃぃぃぃぃぃ!!
弾かなくても見た目だけで欲しくなってしまいますねぇ…

ですがやはり楽器。弾いた感触、音はどうなのか?ここが重要。

では実際に触ってみましょう!

今回も↓の記事で協力していただいたスタッフ日高さんに弾いてもらいました!(今回も丸投げ)
【エフェクター】One Contol全種類入荷したので全種類レビューしてみました。【前編】 - 島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ


f:id:shima_c_rinkuu:20161119180455j:plain

アンプは王道マーシャルで。
鳴らしてみると音が重い!!
腰にズンと来るサウンドで尚且つしっかりと音抜けしてくれます!
グリップも分厚過ぎず薄過ぎず握りやすくかなり演奏しやすいです。(ここは好みもあるでしょうが…)
歪ませてみると音が丸っこくなってしまうかな?と思いきや低音はそのままにしっかり抜けてくれます!
イメージとしてはスタンダードをそのまま全体的に重めにした印象でした!


いかがでしたでしょうか。
まだまだ語り足りないことはいっぱいありますが今回はこの辺で終了したいと思います。
是非一度ご来店して触ってみてくださいね!

ではまた!!

今回ご紹介したGibson Les Paul Customの気になるお値段はコチラ!
www.shimamura.co.jp


よろしければ栗田の他の記事もどうぞ!
rinkuu.shimablo.com
rinkuu.shimablo.com
rinkuu.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.