読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【きまぐれ更新】アコギの中心で愛を叫ぶ!!Vol.1【Morris S-91Ⅲ、S-96Ⅲ】

f:id:shima_c_rinkuu:20160705191916j:plain


世界中のアコギマニアの皆さまこんにちは!
ギターアクセサリー担当(ゴリラ担当)の栗田です。
今回から始まったこのブログは栗田の気まぐれで選ばれたりんくう店に展示しているアコギを栗田の独断と偏見のみのセレクトで語っていくという誰得なのか分からない謎なブログですがよかったらご覧ください!(笑)

記念すべき第一回を飾るのはこのアコギたち!!

f:id:shima_c_rinkuu:20160707171105j:plain

ででん!

Morris S-91ⅢMorris S-96Ⅲです!
どちらも栗田が個人的に「欲しい!」と思っているギターです。
MorrisのSシリーズといえばソロギタリストの方ならほとんどの方が聞いたことがあると思われます。
Sシリーズの共通する特徴と言えるのはフィンガーピッキングの演奏性にとことんこだわり様々な工夫が施されています。

f:id:shima_c_rinkuu:20160707171332j:plain

ナットは44~45mm(通常は42~43mm)の少し広めの幅を採用しフィンガリングしやすくすると共に間が広めになっており6を親指で押さえて弾くプレイに対応するため6~1間はそのまま全体的に約1mmほど低音側に寄せてあり1もフレットから落ちにくくなっています。
ネックの厚みは1フレット位置で20.5mm、10フレット位置で21.5mmと厚みの変化の少ないストレートタイプの超薄型ネックを採用し安定した演奏が可能になっています。
この他にもソロスタイルに特化した様々な工夫があります。

文字通りフィンガーピッカーの為のフィンガーピッキング専用ギターといえるでしょう。

さて、話が広がってしまいましたが今回はこの2本にスポットを当てて
タイトル通り「愛を叫んで」いこうと思います!(笑)

ではまずそれぞれのスペックから。

Morris S-91Ⅲ

f:id:shima_c_rinkuu:20160707171514j:plain

Specs
・トップ:シダー単板
・サイド&バック:マホガニー単板ラウンドバック
・ネック:マホガニー
・指板:エボニー
ピックアップシステム:B.BAND

ベネティアン・カッタウェイ、グランドオーディトリアムボディにラウンドバックを採用したスタンダードモデル。
小さいボディながら非常にバランスに優れており、ラウンドバックでしっかり低音が響いてくれます。

Morris S-96Ⅲ

f:id:shima_c_rinkuu:20160707171539j:plain

Specs
・トップ:シダー単板
・サイド&バック:マホガニー単板ラウンドバック
・ネック:マホガニー
・指板:エボニー
ピックアップシステム:B.BAND

フローレンタイン・カッタウェイ、クラシカルオーディトリアムボディでS-91Ⅲと同じくラウンドバックを採用。
伸びやかなサスティーンと深みのある明るい音が特徴的で見た目も豪華な装飾が施されています。

2つの違いは?

f:id:shima_c_rinkuu:20160707172256j:plain

いかがでしょうか。
スペックだけを見ると「ほぼ同じやないか(笑)」と思ってしまいます。
目立って違うところといえばボディシェイプとS-96Ⅲの装飾が豪華な点といったところ。

しかぁーし!!
そう思っていた栗田も実際に触ってみるとその考えがひっくり返されました!

実際に触ってみました!

f:id:shima_c_rinkuu:20160707172524j:plain

まずはS-91Ⅲ。
やはりソロギター専用機と言われるだけのこともありフィンガーピッキングした時の音粒の立ち上がり方がものすごいです。
音の傾向はラウンドバックが小さなボディとしっかりマッチしており一言で言うと「バランスがいい」ですね。
やわらかい音が印象的で立ち上がりも早いのでフィンガーピッキングでの細かいプレイにしっかり追いついてきます。
逆にピックを使うと特徴的だったやわらかさが損なわれる感じでした。
フィンガーピッキングがメインの方には最高の一本だと思います!



f:id:shima_c_rinkuu:20160707172553j:plain

続いてS-96Ⅲ。
こちらは少しシャリっとしたしっかりと前に飛ぶ明るい音が印象的でした。
しかし音粒の立ち上がり方はS-91Ⅲと同じく素晴らしかったのですがS-91Ⅲと比べると多少フィンガーピッキングした時の鳴り方が弱かったです。
ですがピックで弾くとあら不思議!
明るい音が力強く前に飛びます!!個人的にはピックとの相性が素晴らしいと思います!
サムピックを使うソロギタリストさんやピック弾きメインの方におすすめですね!



さてさて、実際に弾き比べを終えてみると「どーせおなじやろ(侮り)」から「全然ちゃうやんけ!(驚愕)」になってました(笑)
それぞれスペックは同じでも少しの特徴が違うだけでそれぞれ味がまったく違ったのが楽しめました。

まとめるとフィンガーピッキングのS-91Ⅲサムピック等のピック弾きのS-96Ⅲといった印象でした。(まぁ栗田の個人的感想ですが)
どちらもすごくいいギターでした!!
欲しい!欲しい!欲しいぞおおおおおおお!!!!



さて、いかがでしたでしょうか。
ここまで長々と付き合って下さりありがとうございます。
これから気ままにぽつぽつと更新していきますのでお時間のある方はまた次回もお付き合いくださいねー!




最後にりんくう店のゴリラ担当ラストサムライなど異名をもつ私、栗田はこんな感じのゴリラです人です。

f:id:shima_c_rinkuu:20160707171036j:plain

ぜひ店頭で見かけたら話しかけてみてくださいね!
(バナナは与えないでください)

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.