読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【ヘッドホン・イヤホン】担当スタッフおすすめ紹介 楽曲製作・DTM編【耳が幸せ!】

ヘッドホンイヤホン担当の椋平(むくひら)です!

主観だらけでレビュー的におすすめ機種をご紹介していくこのブログ。ついに第3弾です!!

第3弾 【楽曲製作用に!DTMするならこれ!】

今回は予告通り

【楽曲製作用に!DTMするならこれ!】

です!
今回はDTM用ということで出来る限り"原音に忠実でフラットな音質"というポイントに絞ってイヤホン1機種、ヘッドホン1機種で選びました。楽曲製作を行っている方、これから始めようという方の少しでも参考になればなぁと思います!

では早速イヤホンからいってみましょう!

SHURE SE425
f:id:shima_c_rinkuu:20151014180628j:plain
モニタリング用としてオススメなイヤホンならやっぱりこれです。通勤、通学編でもオススメしたSEシリーズの上位機種です。

SE215SPEをご紹介した際にも記載しましたが、このSEシリーズは非常にモニター・ライク。どれも原音重視でクリアに細かい音まで再現します。
その中でも各モデルに傾向のようなものがありますので簡単にご説明します。

まずよくわからないって方にとっては高いやつの方がいいんじゃないの?っていう疑問を必ず抱くと思うんですが、必ずしもそういうわけではないんですよ。やりたいことに適したモデルがあるんですね。

僕はSE315とSE535(425の上位機種)にはやや癖があるように思います(Special Edition除く)。315は中音域の抜けがよく、535はやや低音が出てきます。メーカーもバランスのとれたモデルと記載しているように原音重視なSEシリーズの中でも425は非常にフラットで癖がないのが特長です。

もう少しわかりやすく簡単に表にするとこうです↓
モデル名 最低 / 最高 再生周波数帯域
SE315 22Hz / 18.5KHz
SE425 20Hz / 19KHz
SE535 18Hz / 19KHz

最低再生周波数はどこまで低い音を再生できるかなので数値が低いほど幅広く、最高は逆にどこまで高い音を再生できるかなので数値が高いほど幅広いのです。

315から425はどちらも幅広く再生可能になっていますが535は低音だけを強化しています。ちなみにフラグシップ・モデルである846の最高再生可能音域周波数は20KHzなので高音域は数値的に言うと1KHzしか増えてません。
つまりどれだけフラットかが重要視されるDTM用としては425が最適と言えます。
※判断材料としての1例です。

もちろん215と同じくリケーブル可能!

f:id:shima_c_rinkuu:20151014181051j:plain

イヤー・ピースも3サイズ×2種で計6種類でお好みのタイプとサイズが選べます!いろんな素材とサイズが別売りもされているのでいろいろ試してみるのも楽しいですよ!

f:id:shima_c_rinkuu:20150929204509j:plain

画像はSE215の装着画像です。

SONY MDR-CD900ST
f:id:shima_c_rinkuu:20151014181214j:plain
間違いなくヘッドホンならこれです!当然、賛否両輪あるもののこれだけ多種多様なモニタリングヘッドホンが出ている中で何年もトップ・シェア(たぶん)の座に君臨する名器!

レコーディング・スタジオに入ったことある方なら見たことあるはずです。ほとんどのスタジオではこの機種が使われているので。

1989年にプロ用(業務用)として登場し後に一般発売となったのですが、登場して以来実に26年。いまだにプロの現場で使用されいるというだけでも物凄い安心感のあるモデルです。まあ見るからに前時代的なデザインですね・・。

それには音質はもちろん他にもちゃんと理由があります!
国内シェアが非常に高いわりに国外でのシェアはいまいち伸びていないんですが、なぜかというとこの機種は国内においてほぼ全ての細かいパーツまで入手が可能なんです。つまりヘッドホンを酷使するエンジニアの方やスタジオの方、プロの方にとってこのズバ抜けたコストパフォーマンスは大きな魅力と言えます。技術は必要ですががんばればパーツだけで同じものを組立てられるくらいパーツが揃ってます(笑)

とは言えプロでもなければエンジニアでもない方にとってはそこまで酷使しないから必要ないと思われがちです。ではその他の魅力は何なのか・・・。

まずは側圧ですが、かなり緩めにできています。どうしても作業が長時間になることの多いDTM(作曲、録音、ミックス)において長時間の使用も非常に楽です。ミックスの際などは通常モニタリングスピーカーヘッドホンで交互に行うため、ヘッドホンをつけたり外したりを繰り返すことが多いですので、側圧が緩いとそのちょっとした動きにも余裕がでますね!

f:id:shima_c_rinkuu:20151014184005j:plain
こんな感じです。
モデルは作業中のスタッフ川原につけてもらいました。
逆につけてますね。

音質ですが、やはりモニタリングヘッドホンとして設計されているだけあってリスニング用としてなら少し耳障りになるくらい細かい音まで再生してくれます。やや高音域が強調されているのでより耳障りです(笑)
フィルターなしの素直すぎる音質は長時間聴くには体力がいるほど。

個人的に好みではないポイントはイヤーパッドのクッション部分がほとんどクッションとして機能していないくらい薄い・・・。(薄いというか柔らかい?)
ぺたっと張り付いてくる感じですね。その感覚はかなり独特なので賛否両論かと思います。

f:id:shima_c_rinkuu:20151014184143j:plain

そんな苦手なポイントもあるのですが総合的にみて僕はモニター用として勧めるなら間違いなくこちらです!



今回はここまでです!
お役に立ちましたでしょうか・・。

次回は第4弾【DJ用ヘッドホン!ビートをがっちり掴め!】です!
次回書くころにはちょうどPioneerのHDJ-700も発売されるので新製品レビューも絡めたいなぁとか思ってます。
次回もよろしくお願いします!


気になる当店のヘッドホンイヤホン売り場、価格情報はこちら↓www.shimamura.co.jp

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.