読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【ベース】 島村楽器りんくうアウトレット店ベース同好会 ~活動27日目~ [JINO4/60/24F]

あけましておめでとうございます!

改めまして"島村楽器りんくうアウトレット店ベース同好会"会長 椋平(むくひら)です。

新年早々、大変多くのお客様のご来店ありがとうございました。

今年も皆様に楽器を楽しんでいただけるようがんばっていきますので、よろしくお願いします。

こんな前フリをしておきながら、2013年ってまだまだ実感ないまま2014年になった感じがしております。

まだ気分的にはまだ2010年くらいの感覚であります。

ちなみに2010年は南アフリカW杯がありましたね。

1990年生まれの僕は20歳の時ですね。

(早生まれなので同級生は1989年生まれ)

あれからもう4年経ったのかと思うとゾッとします。。。


さてさて、そんな本日ご紹介するベースは同級生となる1989年生まれの国産ブランド"ATELIER Z"です。

厳密には1989年に母体となる"デイズ・コーポレーション"というギター・メーカーが設立され、その後にブランドとしてATELIER Zが生まれたんですが。

それはさておき、記念すべき2014年第1回目はこちらになります↓
JINO4/60/24F
JINO4/60/24F / ATELIER Z

メーカー希望小売価格 ¥346,500-

アウトレット価格       ASK!

つっこみどころ満載(いい意味で)のこのベース。

日野"JINO"賢二こと日野賢二氏のシグネイチャーモデルであります。

ベーシストならば、1度はその名前を聞いたことがあるであろう、ベースのみならず作曲やアレンジも手がける超有名ベーシストです。

西野カナさんの曲なんかも手がけてます。

ではではまずはPUとコントロール部です。

JINO4/60/24F

ちょっと珍しいJHJでございます。

コントロールは見るからにややこしい・・・。

4連側の上から

上2つがJピックアップの各VOLとなっておりプルでパッシブになります。

下2つのノブがEQとなっておりそれぞれトレブルとベースで、おもしろいのはトレブル・ノブにはセンター・クリックがありベース・ノブにはセンター・クリックがないため、トレブルはカットできるのに対し、ベースはブーストしかできない仕様になってます。

使いこなすのに少し苦労しそうではありますが、細かい設定ができるので、こだわり屋なあなたにオススメでございます。

で、真ん中にあるスイッチはハムバッカーとJピックアップの切り替えとなっており、ハムバッカーにした時のみ、4連とは別に設置されたVOLノブが機能するようになってます。

ピックアップはATELIER Z JBZ-4と Seymour Duncan SMB-4Aでどちらもドシっとしたベースと、ヌケの良い煌びやかなトレブルで、アトリエZらしいサウンドです。

JINO4/60/24F

ブリッジはBADASS BASS2でしっかりボディ鳴りとサステインを支えてくれます。

JINO4/60/24F

ペグはSCHALLER BMFLで、気になったのはこのZ TUNING SYSTEM(ZTS)です。

全く詳細が不明ではあるんですが、調べた内容はコチラ↓

『Zチューニングシステムとは、ピアノの調律からヒントを得て開発した"マス・マジック・チューニング"と、ATELIER Z の出荷時の基準となるセッティングを組み合わせた調整法で、調整後はATELIER Z ベースがもっとも弾きやすいと感じる状態です。』

んー・・・・・・・・。

この"マス・マジック・チューニング"ですが、おそらくアトリエのベース製作者であるマス・ヒノ氏(日野賢二氏とは兄弟)のマスだとは思うんですが、どういった加工なのかは公開されていないのかも知れません。

申し訳ないです・・・。

気を取り直して、お次はボディのバックから見ると・・・。

JINO4/60/24F

かなり特殊なジョイントですね。

がっつりヒール・カットしたジョイントで、ハイ・ポジションも演奏性バツグンです!

それにしても、すごい立体的です。


ボディ材は通常のJINO4とは違い、アルダーを使っているということもあり、ハムバッカーではバンド・アンサンブルのボトムを支えるだけに留まらない、厚みのあるサウンドでしっかり存在感があります。

プリアンプも気持ちいいところを持ち上げてくれるので、弾けば弾くほどクセになります。

もはやベースはバンドを支えるだけではありません!!



さて今回はこれにて終了となります。

新年1回目はどうでしたでしょうか?

今年もまたこんな感じで薄っぺらい内容ながらも頑張っていきます。

よろしくお願いします・・・・・・っ!!!!!



アウトレット品につき、細かい傷がある場合がございます。
さらに1本限りとなっております。
お問い合わせはベース担当 椋平(ムクヒラ)まで!
072-458-4631

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.