読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【エフェクター】足元強化合宿第二十夜【M80 Bass D.I+/MXR】

こんにちは。りんくう店の小杉です。

今年も残すところあと20日あまりとなりました。

もうすぐクリスマスですね。

小学生の頃、サンタさんに「ベイブレードが欲しい」と書置きして寝ると、

翌朝枕元に五千円札が置かれてあったのは良い思い出です。

また来てくれないかなあサンタさん。。笑

 

 

↓↓↓本日ご紹介するアイテムはこちら↓↓↓

 

 

画像

M80 Bass D.I+/MXR

 

 

画像

はいそれでは本日もいってみましょう。

ここにきて、超ど定番を取り上げてみました。笑

サ○ズアンプと人気を二分すると言われる、ベーシスト御用達のプリアンプですね。

 

 

画像

3バンドのEQに加えてプリセットEQであるカラースイッチの搭載、

さらにディストーションサウンドを好みに応じてブレンドでき、

ノイズゲートまで実装したことで非常に幅広く、

実践的な音作りを可能にしたストンプボックスプリアンプで、

特にその高品質なクリーンサウンドには定評があります。

 

…と、ここまで「何を今更(笑)」と言われそうな解説であります、はい(笑)

そこで今回はですね、あえてこの子の

ディストーションサウンドに焦点を当てて音作りしてみました。

 

 

画像

ディストーションのコントロールノブは上段左から順に、

音量・ミックス量・ゲート感度・歪み量の調節に対応しています。

ここで注意して頂きたいのは、

ミックス量をMAXにしてもサウンド全体が歪む訳ではないこと。

ここでのミックス量とは「歪みチャンネル内での歪みミックス量」を指すので、

クリーンチャンネルにも影響を及ぼして歪みを加えることはできません。

ディストーションの評価がどうも芳しくないのは恐らくこの為で、

この問題はクリーン側のボリュームを0にすることで解消されます。

 

 

画像

上述を考慮に入れてセッティングしてみました。

カラースイッチはオフです。オンにするとドンシャリでかっこいい音になりますが、

歪みに混ぜるにはミドルが引っ込みすぎる感じがしましたので…。

ポイントは低音をブーストすることでしょうか。

ディストーションは基本的にクリーンよりも音が薄く感じるので、

ローを足すことで厚みを補完しましょう。

 

コントロール類が多い分、全機能を使いこなすには若干慣れが必要かも知れませんが、

やはりクオリティは相当高いです。コスパもあります。

クリーン目当てで購入されるのももちろんアリですが、

ディストーションも充分実用レベルだと思いました。

是非色々お試しして、使い分けて頂くことをオススメします!

 

 

メーカー希望小売価格¥36.750

↓↓↓

アウトレット特別価格(税込)¥15.800

 

 

※アウトレット品のため、全体的に細かい傷がございます。

基本的に商品は全て数量限定になっておりますので、品切れの際はご容赦願います。

 

 

お問い合わせは小杉まで→072-458-4631

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.