読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【エレクトリック・ギター】 Nik Huber / Dolphin Ⅱ

いやぁ、この1週間で急に冷え込んできましたね。
どうもこんにちは、ギター担当の上林(かんばやし)です。
紅葉もいい感じに色づいてきて、おそらく今週が1番見ごろなんでしょうね。
ちなみに私は先週、遅ればせながらの夏休み(秋休み?)で石川県の山代温泉まで行ってきたんですが、その時はまだ2~3割りぐらいしか色づいてませんでした(汗)

…残念(汗)

それはさておき、そんな深まる秋をより一層堪能して頂く為に今回ご用意したギターがこちら↓

画像

画像

Nik Huber / Dolphin Ⅱ

「えっ、コレどこのギター?」
多分、大半の方がまだ知られていないメーカーニック・フーバーになります。
「ニック・フーバー?どこそこ??」
そう思われる方の為に、まずはこのメーカーの詳細を。

ニック・フーバーはドイツに工房を構えるハイエンド・ブランド。
あのP.R.Sも公認で、ドイツ国内における全てのP.R.Sギターのメンテナンスを任す程の腕前を持つニック・フーバー。
そんなニック・フーバーさんの家系は代々、木工に関わる仕事に携わってきましたが、1996年に現在のNik Huberブランドを立ち上げ。
当初は小さな個人工房だったのですが、現在は少数のスタッフと共に、月10本前後の生産で運営しています。
そんな珍しいこのギターが当店に入荷した経緯は、代理店変更に伴い、旧代理店の在庫処分になったからという訳です。

前置きはここまでにして、ではでは本体の詳細を…。
(今回はいつもより画像を多く掲載していきます)

画像

まずはボディーから。
ボディー・トップは木目が美しい良材のイースタン・カーリー・メイプル。
丹念に手作業で削り出し、アーチを付けています。
すごく滑らかで立体的なデザインは、より一層高級感を引き立てます。

画像

ボディー・バックは希少なコリーナ(リンバウッド)を採用。
こちらも目の詰まった良材で、コリーナ独特の木目が木目フェチには堪らない仕様となっておりますw
一見フラットに見えるバックですが、実は緩やかなコンター処理がされています↓

画像

…ちょっと分かり辛いですね(汗)
そしてネック・ジョイント部も他のギターでは見る事のない、かなり独特なシェイプ。

画像

このヒール処理のお陰で、ハイ・ポジションもかなり楽に弾きこなせます!

お次はネック。

画像

ネックもボディー同様、コリーナを採用し、指板にはこちらも超希少なハカランダを仕様。
ハカランダ独特のうねった木目が非常に美しいw
木目フェチ垂涎の仕様です(爆)

画像

そしてポジション・マークは、このギターのモデル名にもなっているドルフィン・インレイを採用。
こちらも他の木工同様、さりげなく手の凝った仕様となっております。

画像

PUはニック・フーバー・オリジナルを2発搭載。
コントロールは1Vo、1Toとピック・アップ・セレクターのシンプルな仕様ですが、トーン・ポットがタップ・スイッチも兼ねているので、ハム⇔シングルの切り替えが出来、かなり幅広く音作りが出来ます!
よくありがちなハムの時の音は良いけど、タップした時のシングルはちょっと…と言う事もなく、両方使える音になっているのもポイント高し!

ブリッジは2点スタッドのバダス・タイプを採用。
オクターブ調整が可能なこのブリッジは、通常のチューンOマチック&ストップ・テールピースとは違い、独特のテンション感とサウンドを奏でてくれます。

画像

そんなニック・フーバーを一言で表すと「細部まで手を抜かない、正に職人魂溢れる至極の1本!」
流石です!

画像

以上となります。
この機会に是非一度ご来店下さい!
また商品の詳細、価格に関してのお問い合わせやご来店の際は、担当/上林(かんばやし)までお問い合わせ下さい。(072-458-4631
お待ちしております。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.