読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【ベース】 島村楽器りんくうアウトレット店ベース同好会 ~活動20日目~ [SR2000E]

お久しぶりです。

真冬のような気温が続いており、初雪が観測されたりしましたね。

朝起きるのが辛い季節です。

それと、前回話題にあげたポール・マッカートニー来日も無事行われたみたいでビートルズの曲も20数曲されたようです。

観たという方は本当に羨ましい限りです。

僕は9日に南港にて開催された、サウンドメッセに行ってまいりました。

アコギとウクレレがメイン(むしろそれしかない)なのですが

ふらふらと歩きながら、アコギを眺めつつ、いくつかのブースで行われているプロのパフォーマンスを見て、約3時間ほど楽しんできました。

切実にサウンドメッセ ベース編の開催を願っております。

そして本日は、"なるちょ"こと鳴瀬喜博さんと櫻井哲夫さんが誕生日のようです。(ベ●マガ参照)

さらには元T-SQUAREのサックス奏者 本田雅人さんも誕生日のようで、ジャパニーズ・フュージョンのアーティストが多い日なんですね!

不思議です。

そんなわけで、それにちなんだベースを!とはいけないのが辛いところ。

当店に今彼らの使用するモデルがない(櫻井哲夫さんは前々回ご紹介したYAMAHA BBシリーズ使用!)ので、せめて・・・

パワーある!・フュージョンに使える!・スラップもやりやすい!

この3点を基準に選びました。

では前置きが長くなりましたが、本日はこちら!!!
SR2000E
SR2000E / Ibanez

メーカー希望小売価格 ¥220,500-

アウトレット価格 ¥138,000-

フュージョンってなんぞやってことなんですが、そもそも明確なラインを引けるものではなく、はっきりと言い切ってしまうのには少し恐ろしさがあります。

"フュージョン(Fusion, Jazz Fusion)は1960年代後半から現在に至るまでのジャズを基調にロックやラテン音楽、R&B、電子音楽、などを融合(フューズ)させた音楽のジャンルである。一般的には、ジャズジャンルから確立されたものの一種に位置づけされている。"(wikipediaより引用)

というのがウィキペディアの解釈のようです。

解釈自体が様々である為、はっきりとは言いづらいですが、個人的なイメージでは・・・

アクティブで多ベース、というところは共通点として多いのではないかと思います。

そうなると今回ご紹介するこちらは4ベースだけどどうなの?と思われる方も多いとは思いますが、4を使う方や4も使うというフュージョンベーシストも多いので、あまり気になさらずに・・・。

ゲイリー・ウィリス、ジェラルド・ヴィーズリーなんかもIbanezのベースを使用しております。


さて、こちらのSR2000Eは現在は生産完了品となっておりますが、

当時のPrestage(プレステージ)フラッグシップモデルです。

SR2000E

(PrestageはIbanezの上位機種で、メイドインジャパンで丁寧な造りが最大の特徴)

そのことからも、他のSRシリーズよりも細部にわたる丁寧さが全く違うことが体感できます。

Ibanezを知る多くの方が想像する、Ibanezのベースとは違い、こちらはクリアで感度がよく、フュージョンのみならずヘビーサウンドの中でもいける抜けのいい音色

プレイヤビリティに優れたスリムなネックですが、メイプルとブビンガをラミネートすることで、耐久性もばっちりでございます。

このスリムなネックにより、今まで辛かった運指も、難しくて今まで弾けなかったフレーズも、スムーズに弾けるようになっちゃうかもですよー!

手が小さい方にもおすすめです。

ブリッジは他のの干渉を受けにくい、各独立構造の"Mono-Rail Bridge"を採用。

SR2000E

上記の点はもちろん、的確に振動をボディに伝えられるのは大きなポイントです。

もうひとつの特徴は、ピックアップバルトリーニ製Custom SR-4とサーキットにVari-Mid III搭載です。

3バンドEQに加え、MID FREQノブがあり、スムーズな可変なので、ブーストとカットだけでも多彩な音作りが可能です。

サウンドは、濃厚な低音からクリアでブライトな高音までしっかりカバーしてるので使いやすいように感じます。

ロックなイメージの強いIbanezですが、こちらはそういったイメージに留まらない懐の深さがありますので、ぜひこの機会に一度触れてみてください~。


安易に書き始めた今回ですが、やってみて思ったのは、あまりにも幅広いジャンルなので、ちょっと奥深すぎました・・・。

まだまだ知らない有名ベーシスト多すぎますね・・・。

では、今日はここまでです。

また来週もお願いします。




アウトレット品につき、細かい傷がある場合がございます。
さらに1本限りとなっております。
お問い合わせはベース担当 椋平(ムクヒラ)まで!
072-458-4631

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.