読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【ベース】 島村楽器りんくうアウトレット店ベース同好会 ~活動19日目~ [Classic Style J5]

お久しぶりです。

同好会会長 椋平(ムクヒラ)です。

先週はエリック・クラプトン来日のお話をしましたが、ベーシストにとっては馴染み深い、ポール・マッカートニー11年ぶりに来日するそうですね。

これはビートルズファンの方は盛り上がりますね。

実家ではよくビートルズが流れていたので、だいたいどれを聴いても個人的には懐かしい気分になります。

(個人的にはAll You Need Is LoveとLady Madonnaが好きです)

ビートルズを敬愛するバンドは今だに多く存在し、それぞれ好みはあれど、恐らく世界で最も偉大なバンドなんじゃないでしょうか。


そんな彼が使用していた機材で有名なのはヘフナーとリッケンバッカー4001。

(4001は現行ではありませんが、4003が後継モデルとしてラインナップしてます。こちらは過去にご紹介した分です!まだ在庫ありますのでお急ぎを!→4003 / Rickenbacker)

アンプはVOX AC100とT60を使用していたようです。

これがいわゆるブリティッシュサウンドのキモとなっているわけですね。

その傾向は今でもブリティッシュロックの軸となっており、今なおそのサウンドは派生したりしつつ受け継がれています。

代表的なバンドだとやはりオアシスでしょうか。


では本題に入りますが、今回のベースのお話はというと過去と同じくリッケンバッカー4003のお話をしても仕方がないので。

ギターではなくアンプに目をつけて・・・。

上記したように彼らにとって国内メーカーであるVOXで、見事にブリティッシュサウンドを確立しました。

というわけで。

今回は我々にとっての国内メーカーのベースでご提案させていただきます。(アンプはご紹介できないので)


今回ご紹介するのは国産ハイエンドブランドであるSagoのClassic Style J5というベースです。

classic style j5 sago
Classic Style J5 / Sago New Material Guitars

メーカー希望小売価格 ¥307,650-

アウトレット価格     ASK!!

創立は2004年とわりと新しい、尼崎にあるメーカーで、最近ではスピッツのメンバーやthe pillowsの真鍋さんが使用していたりと、徐々にその名を広げています。(他にも有名アーティストがHPで紹介されています。)

で。

まずカラーです。(画像ではわかりづらいかも知れません。ラメ入ってます)
classic style j5 sago
classic style j5 sago

独特なこのカラーですが、派手すぎず、でもありがちなカラーでもない・・・その名もTerra Rossa

Terra Rossaとは" 地中海性気候のもとで、石灰岩を母岩として生成した赤色土壌。風化に伴い石灰分が溶解し、残った鉄の酸化物によって赤色を呈する。"ということで赤い土です。

それにしてもかっこいい響きですね・・・Terra Rossa

かっこいいのはカラーだけではありません。

Sagoをご存知の方はやっぱりと思うでしょうけれども、Sagoといえばサーモウッドネックですね。

まずはネックの画像をご覧ください。

classic style j5 sago

メイプルなんですが、なかなかに美味しそうな色をしてます。

北欧フィンランドにて開発された技術で、200℃以上の高温で特殊な高熱処理を行っています。

これを行うことでヴィンテージ感のある響きを得るとともに、木材は古くなるとセルロースやヤニの成分が減少しますが、サーモウッドもこれと似た効果を生み出すんだそうです。

さらには強度も増していて、自宅や車内の環境、ライヴ会場でのスポットライトなどの過酷な環境にも耐えられるようになるそうです。


そのサウンドはというと。

しっかり芯のある音

というのが第一印象です。

これは結構重要なポイントです。

バンドアンサンブルにおいて埋もれがちだったり、改めて聴いてみると何弾いてるかわからなかったり、音作りって本当に永遠の悩みですが。

出てほしいとこがしっかり出てくれるので、ヌケがよく、こういった悩みもかなり軽減されると思います。

トーンもいい具合の効き方で、絞ってもそれぞれにキャラクターというか、おいしさがあります。

これはこれでいい感じ、っていう。

パッシブなんですが、5の輪郭がぼやけないのもポイント高いです。

パワー不足という感じはなく、バランスよく鳴ります

5ベースをお探しの方はぜひぜひ一度触ってみてください!!

最後に・・・

今回はちょっとお伝えしにくいカラーなので一応店頭でも撮ってみました。
classic style j5 sago


というわけで今回はここまでとなります。

来週もよろしくお願いします~。



アウトレット品につき、細かい傷がある場合がございます。
さらに1本限りとなっております。
お問い合わせはベース担当 椋平(ムクヒラ)まで!
072-458-4631

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.