島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【エレクトリック・ギター】 G&L / ASAT Classic 30th Anniversary

こんにちは。ギター担当の上林(かんばやし)です。
今回は特に個人的なネタもないのでサクッとギターのご紹介を(汗)
今回のギターはこちらっ↓

画像

画像

G&L / ASAT Classic 30th Anniversary

ギタリストにはいまいち浸透していない感が否めませんが、ベーシストには馴染みのあるこのメーカー
1980年、Fenderの創始者レオ・フェンダーが、Fenderの頃からレオと共に商品の開発を手掛けていたジョージ・フラートンと共同で設立した事が始まりです。
その2人の(ジョージ、レオの)頭文字をとって名付けられたのが今回紹介するG&L。
今回のギターはG&L30周年アニバーサリー・モデルになります。
(ここで「あれっ?」と思った方は正しい!そう30周年だったら2010年じゃないのとお思いでしょう。今回のギターはメーカーが他店から引き上げてきたチョイキズ品になります(演奏上の問題はございません)。)

このASATはFender初のエレクトリック・ギターだったテレキャスターを改良、進化したモデル(と個人的には思っています)。
随所にテレキャスとの違いが見られますのでその詳細を…。

画像

画像では分かり辛いですが、通常の白ではなくラメの細かいパール・ホワイトになります。
しかもマッチング・ヘッド&ホワイト・パール柄のピックガードなんで、より洗練された印象になります。

ボディーはオーソドックスなアルダー材。
ブリッジはテレキャスによくある2連タイプではなく各独立のタイプ。

画像

ブラス・サドルの点もテレキャス・ユーザーとしては嬉しい所じゃないかと。

画像

ネックはハードロック・メイプル、指板はエボニー。
若干縞模様が見えます。
フレットはミディアム・ジャンボ。
ネックを握ってみた印象はかなりガッチリした握り具合です。

画像

PUはG&Lオリジナルが2発搭載。
ポールピースがディマジオのように高さ調整出来るのもG&Lの特徴の1つ。
これにより、音量、音質の調整が容易に出来ます。
気になるそのサウンドは、往年のテレキャスのサウンドよりもP-90に近い、芯があり程好い太さが印象的。
出力も通常のテレキャスよりパワーがあり、嫌な高音が抑えられているので、バッキング、ソロは勿論、カッティングもばっちしハマります!

ちなみにペグのツマミの部分もパール・ホワイト↓

画像

とことんパール・ホワイトに拘ってますw
そして30周年アニバーサリーの刻印が。
(その横にあるドットは、ネック形成時に付いたジグ穴を埋めた跡になります)

画像

以上となります。
この機会に是非一度ご来店下さい!
また商品の詳細、価格に関してのお問い合わせやご来店の際は、担当/上林(かんばやし)までお問い合わせ下さい。(072-458-4631
お待ちしております。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.