島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【エフェクター】足元強化合宿第十三夜【BassChorus/DigiTech】

こんにちは!早くも○○系男子という表現に飽きてしまった系男子の小杉です!

これだからゆとりは。

 

さて今日も歪みペダルを…

と思ったのですが、

さすがにネタ切れ臭がしないでもないので、

本日は趣向を変えて、久しぶりにベース用のエフェクターを取り上げてみました。

プライベートでは私ベース弾きを自称しているので、

どちらかと言えばこっちの方が得意ではあるのですが…。

余談になりますね、すいません。笑

ソレデハドウゾ。

 

 

↓↓↓今回ご紹介するアイテムはこちら↓↓↓

 

 

1

BassChorus/DigiTech

 

 

2

DigiTechのエフェクターは二回目のご紹介になりますね。

前回はリバーブをご紹介しましたので、今回はコーラスを解説致します。

 

 

3

コーラスは、原音に微妙な音階的揺れを与え、厚みと奥行きを演出するエフェクトです。

スピードで揺れの周期速度、デプスで揺れの深さ(大きさ)を設定できます。

特にスピードを右いっぱいまで回すと、回転スピーカーのような独特の音色が得られますので、

デプスを深く設定することでフェイザーと似たようなエフェクトをかけることも一応可能。

そして残るボイスノブですが、ここでコーラス音をいくつ重ねるかを設定できます。

このボイスノブがBassChorus最大の特徴で、右いっぱいまで回すことで実に16音ものコーラス音を重ねることができ

他のコーラスペダルにはない重層感を演出できます。

 

ギターではアルペジオなどで用いられる一方、ベースでは使いどころがいまいちわからない方もいるかと思います。

ここで一度、実践ではどのような場面で使うのが有効なのか考えてみましょう。

 

 

4

とりあえず自分好みの音を作ってみました。

もちろん例外はありますが、コーラスをベースにかけっぱなしにするのは個人的にはお勧めしません。

ベースの主な役割として、アンサンブル内の低音の確保、コード進行の明確化などが挙げられますが、

コーラスをかけると原音と微妙に違う音程の音を複数重ねることになるため、

一音一音の太さや音程感はバイパス時より劣る傾向にあります。

普段はバイパス、ここぞというところでオンにするのが良いかと思います。

 

ではここぞとはどこぞや、という話になりますが、ズバリBメロ的なところが比較的よくはまります。

楽曲にもよりますが、一般的にBメロはサビに向けて一度全体のテンションを落とすことが多く、

音圧や迫力よりもメロディーを聴かせることに重点を置いています。

ここにコーラスを用いることで、ロディアスなベースラインをよりキレイに聴かせることができます。

 

その他ベースソロやハイポジションでのベースアルペジオダブルストップなど、

「ここぞ」を見極めることで非常に有用なエフェクターに化けることでしょう。

スリーピースバンドで、何か味付けが欲しいと思っている方などにもおすすめです。

 

 

メーカー希望小売価格¥16.590

↓↓↓

アウトレット特別価格(税込)¥6.980

 

 

※アウトレット品のため、全体的に細かい傷がございます。

基本的に商品は全て数量限定になっておりますので、品切れの際はご容赦願います。

 

 

お問い合わせは小杉まで→072-458-4631

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.