島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【ベース】 島村楽器りんくうアウトレット店ベース同好会 ~活動9日目~

お久しぶりです。

やっと涼しくなってきましたね。

寝苦しさがなくなっただけでもかなり気分が楽ですね。

まあ、もはやこんなありきたりなことしか書けなくなってきて「お前ネタ切れだろ」感が漂ってきてますが。

気にしないでください。

ゆっくりいきましょう。

昨晩は今回のこの記事を書く為、thee michelle gun elephantの動画を観てました。

あまりリアルタイムでは知らないので僕にとっては「懐かしい」ではなく「新しい」ような感じです。

一度観てみたかった・・・。



というわけで今回はアベフトシ氏もバードメンのPVにて(おそらく)使用しているギターのメーカーBurns”より、変形ベースをご紹介いたします!!

burns bison bass

Bison Bass / Burns London

メーカー希望小売価格 ¥89,000-

アウトレット価格 ¥

ええ・・・。

まあ、見た目ですね。

僕には斬新すぎるデザインに見えます・・・・が。

実はこのベース、60年代前半には既にありました。

驚愕ですね。

なので懐かしいって方もいらっしゃるのではないしょうか。

bison bass body
bison bass head


ジェームス・オルムストン・バーンズ氏が設立したメーカーでなんと、イギリスのレオフェンダーとも呼ばれていたとか。

しかも超大物達がこのBurns愛用していた事実もあります。

例えばブライアンメイエルヴィスプレスリージョージハリスンなど。

ベーシストなら元オアシスのアンディベルなど。

が、そんな人気も十分にあった中、70年代に一度幕を下ろしたんですが、92年に復活したわけですね。

それだけ復刻を求められていたということからも、当時の人気が凄かったのだと実感させられます。



ではここからはスペックについて。

まず気になるところ。

この3PUですね。

アルニコ5マグネットを使用したバーンズオリジナル”Nu-Sonicピックアップ”。

サウンドについてはモダンなわけではないんですが、ヴィンテージくさくもない、独特な音です。

基本ファットな音ですがくもりすぎない絶妙なバランスです

bison bass nob

さらにこの3つのピックアップを8通りの組み合わせで使うことができるのがこのベース最大の強みとなってます。

(組み合わせ方は↓の画像参照)

bison_bass

SPLIT SOUND/BASS/TREBLE/WILDDOGの4ウェイノブとセンターピックアップのオン/オフ(A/B)の2ウェイノブで組み合わせます。

WILDDOGではよりパワフルなサウンドを出力することができるのも魅力です。

残りは1VOL、1TONEです。

つまり・・・

簡単な操作ですぐに自分好みのサウンドを出せる手軽さと、手軽でありながらサウンドはホンモノということです。

見た目的にも目立てる事間違いなしです。

白にゴールドパーツというのも個人的にはツボだったりします。



様々な有名アーティストを魅了したBurnsのサウンドをぜひ一度試奏しにきてください。

では本日の活動はここまで。

お疲れ様でしたー!!



アウトレット品につき、細かい傷がある場合がございます。
さらに1本限りとなっております。
お問い合わせはベース担当 椋平(ムクヒラ)まで!
072-458-4631

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.