島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店 シマブロ

島村楽器 りんくうプレミアムアウトレット店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【エレクトリック・ギター】 Fender / 62JAGUAR

茹だる様な暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
こんな暑い時期は、ビールをしこたま飲むのが唯一の楽しみのギター担当/上林(かんばやし)でございます。
ダメ人間まっしぐらで背徳感を感じつつ、夜な夜な酔いどれています。
今回はそんな酔いどれた時に爪弾きたくなるギターの紹介を(笑)↓

画像

画像

Fender / 62JAGUAR
ブロンドに焼けたボディーがカッコいい!
(もとはホワイトですが長期展示されていた為、特にボディー・トップがヤケています)

画像

ジャガーが発売されたのが今から50年以上前の1962年。
セールス・サイドからの強い要望で、その当時の最高機種のジャズマスターの上をいく
最上位機種として開発が進められました。
ジャズマスターは名前の通りジャズ・ミュージシャンをターゲットに開発されたモデルの為、
それ以前のテレキャスストラトと違い、甘く太いトーンが特徴でした。
しかし思惑は外れ、当のジャズ・ミュージシャンにはそれほど受け入れられず、
代わりにその当時流行っていたサーフ・ミュージックに受け入れられるという結果になりました。
ただ他のフェンダー製品に慣れ親しんでいたユーザー達からするとジャズマスターは音が太い、
ボディの大きさと設計のせいでロー・ポジが遠い等の問題点があった為、
それを改良する形で生まれたのが今回ご紹介するジャガーになります。

画像

ジャズマスタージャガーの違いとしては、スケールが24インチに変更になった点と、
PUが新たに開発されたヨーク付きのシングルコイルPUを2基搭載。

画像

PUカバー横のギザギザがヨークです。
このヨークにより磁界が変化し、従来のテレキャスストラトよりもトレブリーなサウンドになります。
またPUのON/OFFスイッチとロー・カットのスイッチも装備し、このモデルの為のミュート機能も付いています。
あと形こそジャズマスターと似ていますが、実はヘッド&ボディのアウトラインが違います(このモデル用にデザインされています)。
特にこのボディの流線型のデザインは美しいw

そのサウンドはフェンダー・ジャパンのジャガーほどキンキンしたトレブリーなサウンドではなく、
トレブルは効きつつ程好い太さがあります。
リアは歯切れ良く、フロントは甘く、さらにプリセットのフロントはさらに甘く(太く)なり、
1本で色んなバリエーションが楽しめます。
また通常のフェンダー・スケールとは違い24インチと短めなので運指もラク!

画像

以上となります。
この機会に是非一度ご来店下さい!
また商品の詳細、価格に関してのお問い合わせやご来店の際は、担当/上林(かんばやし)までお問い合わせ下さい。(072-458-4631)
お待ちしております。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.